無農薬野菜とはどのような野菜?

無農薬野菜とはどのような野菜?

無農薬野菜とは

 

一般的な野菜と無農薬野菜は、土作り方法の違いによって大きく区別することができます。

 

普通の場合には、土壌に化学肥料を混ぜて土作りを行います。それに対して、無農薬野菜の場合には土壌に有機物となる堆肥を大量に混ぜるのが特徴です。有機物を混ぜることによって、土の中では微生物が活発に働くようになって養分が豊富な土となります。

 

土壌が持っている自然の養分を活かしながら、他の畑から飛散する農薬を完全に排除するのが無農薬野菜の栽培方法です。

 

一般的な野菜には大量の農薬が散布されているために、虫も食べないものとなります。見た目を重視する消費者に配慮する形で農薬を使用するようになりましたが、最近では虫食いの野菜も見直されつつあります。

 

無農薬野菜の栽培方法で重要な堆肥作りは、農家にとっては重要な仕事です。牛糞に藁や落ち葉などを混ぜて、熱が出るほどに発酵させると完熟堆肥となります。完熟させた堆肥は嫌な臭いもなく、害虫を寄せ付けにくいものです。

 

逆に十分に発酵させないで有機物を混ぜる場合には、害虫の発生源となる場合もあります。無農薬野菜を作る場合には、農薬だけでなく除草剤も使わないのが基本ですから、草刈り作業を行うための労力も必要になります。

 

無農薬野菜通販